職種によって変えたい名刺のデザイン

フリーランスの備品のうち、特に大事なのが、「もう一つの顔」とも呼ばれる「名刺」の作成です。

職種によって、名刺のデザインは変えたいところです。例えばWebデザイナーという職種なら、名刺は作品の一つとして考えるべきで、住所など基本情報の見やすさよりも、デザインの個性を発揮できることを優先したほうが効果的です。完成度の高いものを自分で作れるのなら、それでもOKで、自分でデザインし、自分のプリンターで出力したものを名刺にしても差し支えありません。

クオリティに自信がない場合は、外部の業者に制作を依頼します。デザイナーに依頼をしてもいいですし、名刺制作専門の業者に連絡を取ってもいいでしょう。

自分でデザインを行ない、印刷のみを外注する方法もあります。これから仕事を増やしていくための重要なツールですので、手を抜かず、満足できるものを制作します。

名刺の裏面を意図的に表と違うデザインにしたり、外国語表記を入れたり、事務所や店舗の地図、営業時間、休日などを入れたりということもできます。加えて2つ折り、ないしは3つ折りの名刺もよく見られるようになりました。表・裏だけのカードタイプの一般的な名刺に比べ、掲載できる情報量が圧倒的に増えるため、自分のプロフィールや仕事の実績などを一覧にすることも可能です。

基本の名刺はデザインはシンプルに、肩書・氏名は大きく、堅実なイメージを与え、連絡先は読みやすいものにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です